重なり合う舌と舌。乳首を這う養父の指先が、娘の秘部を弄ると愛液がどっと滴り落ちていく。汗と唾液でまみれた男と女。育ての親と娘…禁断の扉を開けてしまった2人――。小春は幼い頃に、母の元彼の亮司に引きとられ、2人だけの家族として暮らしていた。しかし、あることをきっかけに、2人の境界線が壊れはじめ…。越え・・・

パパと私、壊れた境界線―ケモノのように繋がる身体(38)が試し読み(立ち読み)できるかチェック!

パパと私、壊れた境界線―ケモノのように繋がる身体(38)の口コミは?

パパと私、壊れた境界線―ケモノのように繋がる身体(38)が立ち読みできるかチェック!